磨きえし 心の光

校長あいさつ

校長挨拶

富山県立雄山高等学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

本校は、昭和23(1948)年県内で唯一、地元当局や地域住民の強い要望によって新設された高等学校で、今年創立75年目を迎えます。平成8(1996)年には家政科募集停止・生活文化科設置、平成16(2004)年には商業科が閉科となるなど、幾多の変遷を経て現在に至っています。

本校は、次の3つを教育目標として掲げています。

1 伝統を受け継ぎ、新しい未来をつくりだす創造力とたくましい実践力を培う。(創造)

2 個性の伸長に努め、道義と勤労を尊ぶ自他協調の精神を養う。(協調)

3 知性を磨き、情操を養い、身体を鍛えて、社会に貢献する健全な国民を育成する。(錬磨)

本校の校訓「創造 協調 錬磨」の佳き伝統が、社会や価値観が変わっても今日まで脈々と受け継がれています。

本校は、普通科1年2学級、2・3年3学級、生活文化科は各学年1学級の計11学級で構成されています。普通科では幅広い進路希望に対応した教育課程を通して、一人ひとりが確かな学力を身につけ、将来の進路実現に向けた能力の育成、生活文化科では生活関連産業における将来のスペシャリストに必要な資質や能力の育成を目指しています。

また、部活動は文化部7部、運動部11部で構成され、どの部活動も活発で意欲的に取り組んでいます。運動部では弓道部は全国大会、スキー部は全国大会や世界大会(2018平昌パラリンピック、2019世界ジュニア選手権、2020ワールドカップ、2022北京オリンピック)に出場するなど、国内外で活躍しています。学校行事や学年行事も多彩で、6月合唱コンクール、7月立山調査登山(2学年)、9月体育大会、10月マラソン大会、1月スキー実習(1学年)など、生徒は各行事に積極的に参加しています。文化発表会は10月末に毎年行われますが、3年に一度、学校祭「柏葉祭」が開催されます。特に生活文化科生徒による「ファッションショー」は本校ならではの企画であり、本校で培った創意と工夫を凝らした行事となっています。

本校の生徒は学校行事、部活動、また地域密着型のボランティア活動などを通して心身ともに大きく成長し、4年制大学などの上級学校や実社会へと巣立っていきます。2020年9月には、立山町との連携協力に関する包括協定を締結し、相互に協力して地域で活躍する人材の育成に努めています。保護者や地域の皆様、また同窓生の皆様など、多くの方々からの厚い信頼とご期待に沿えるよう、教職員一同、本校教育に全力で取り組んでまいります。

今後とも本校の教育活動に一層のご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

                                令和5年4月1日

                                                                富山県立雄山高等学校
校長 大澤 辰之

 

 

 

 

 

PAGETOP
Copyright © 富山県立雄山高等学校 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.